fc2ブログ

不十分な非核三原則の見直し



ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




ロシアのウクライナ侵攻をきっかけに、日本で非核三原則の見直しが議論になっている。岸田文雄首相は、非核三原則の見直しは行わない方針であると報道されている。


 岸田文雄首相(広島1区)は、ウクライナに侵攻したロシアが核兵器の使用を示唆したことなどを受け中国新聞の書面インタビューに答えた。プーチン大統領の言動を厳しく批判。日本領土内に米国の核兵器を置いて共同運用する「核共有」政策についても、安倍晋三元首相(山口4区)らの提起を退ける。非核三原則を堅持し、国際社会に核軍縮を改めて訴えていく考えを示した。
 核兵器を運用するロシア部隊が警戒態勢を高めたことを「言語道断」と非難。被爆地広島選出の首相として「核による威嚇も、ましてや使用も、万が一にも許されることではないことを首脳外交や国際会議の場でも訴えている」とした。 安倍氏が核共有政策の議論を「タブー視すべきではない」と発言し、同調の動きが自民党や野党の一部から出ている。首相は、「持たず、つくらず、持ち込ませず」の非核三原則を「堅持していく」姿勢を強調。「原子力利用は平和目的に限ることを定めている原子力基本法をはじめとする法体系との関係から認められない」と指摘する。 この世に核兵器がある限り消えない恐怖。使用はもちろん開発や保有も認めない核兵器禁止条約に背を向ける日本政府のスタンスを改める気はないのか。「核なき世界への出口とも言える重要な条約」と認めながらも、「現実を変えるために協力が必要」とする保有国が参加していないことを指摘。条約を批准しない姿勢を崩さなかった。

【出典】2022年3月9日の中国新聞デジタル「非核三原則「堅持」を強調 岸田首相書面インタビュー 露の核威嚇「許されぬ」」

https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=838540&comment_sub_id=0&category_id=256&amp&usqp=mq331AQIKAGwASCAAgM%3D


まず、日本を取り巻く軍事情勢を確認しておきます。


多くの日本国民は自覚いていないが、日本は核保有国に囲まれている。しかも、これらの核保有国と日本は、軍事的に対立関係にある。


具体的には、ロシア、北朝鮮、中国は核保有国です。


ロシアとは北方領土問題めぐって対立している。北朝鮮とは、日本人拉致問題で対立関係にある。中国は北朝鮮の同盟国であり、尖閣諸島をめぐって対立関係にある。日本政府が言う朝鮮有事とか台湾有事とは、核保有国である中国との戦争の話です。


しかも、これらの国は日本に対して核兵器を使用する可能性がある。ロシアはウクライナ侵攻でも核の使用を示唆しており、日本にも核を使用する可能性がある。北朝鮮が日本に核を使うつもりであることは否定する方が難しい。中国は国家の政策として反日教育をしている。中国の歴史を考えれば、中国軍は日本へ核攻撃を行っても不思議ではない。



このような軍事的な国際情勢の賛否はともかく、現実は現実として受け入れるしかない。この問題の対応については様々な意見がある。



その中の1つの意見が、非核三原則の見直しです。非核三原則は「持たない、作らない。持ち込ませない。」です。見直し派の多数意見は「持ち込ませず」を廃止しようというもの。いわゆる核抑止力です。

しかし、在日アメリカ軍が日本に核を持ち込んでないと考えるのは、非現実的です。現状の追認でり、現状の正当化にすぎないのも事実です。

核保有国に囲まれている現状を考えれば、核三原則の見直しの議論というのは出てくるでしょう。議論すらいないというのは確かにおかしい。自由な議論は必要です。



では、核兵器をどこで使うつもりか。相手が日本に対して核兵器の先制使用をしたとする。ウクライナ侵攻で核の使用を示唆しているロシアだけでなく、北朝鮮や中国も日本に対して核兵器を使用する可能性が実際にある。

敵国は日本国内で核兵器を使うでしょう。報復として日本国内で核兵器を使用して敵軍を攻撃すれば、核攻撃の被害で消滅するのは日本国民だけです。報復として核兵器を使用するすれば、敵の国内で使用することになる。南京大虐殺なみに被疑を宣伝されることは間違いない。

タカ派と呼ばれている人に、そんな覚悟はできているのかあやしい。少なくとも、日本国民の賛同は得られていない。



ハト派と呼ばれている人達のリスクもある。日本で永久にタカ派の政権が続く保証はない。平和主義のハト派政権ができた時に、日本を取り巻く軍事情勢を無視して核兵器禁止条約に参加する可能性がある。少なくとも、北朝鮮は日本に対して核兵器を使用する可能性がある中で、北朝鮮に対する核兵器での報復はしませんと宣言するようなもの。

政治的パフォーマンスや国民への人気取りという意味では効果的だけれど、軍事や外交という視点から見ると愚かな行為。でも、日本でこういう政権ができる可能性はある。そのようなリスクにどう対処するのか。日本のタカ派からまともな見解を聞いたことがない。



確かに、日本で核問題の議論は必要。ところが、ハト派は空想的な理想主義を言うだけ。タカ派は威勢のいい発言を繰り返すだけで、彼らの結論は戦時中の軍部の主張と大差はない。

こんな人達が議論しても、水掛け論になるだけです。議論する人達のレベルに問題があるようにも思える。議論の前に、お勉強が必要なように感じる。


 応援のクリックをお願いします。