fc2ブログ

なぜ、日本の労働生産性は低いのか?



ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




正社員のサラリーマンの人に質問します。あなたの時給はいくらですか? この質問に答えられない。まさに、ここに原因がある。


私は給料を下げろ!なんて言ってない。月給を時給に換算したらいくらですか?と聞いた。ただ、それだけです。


自分のコストがわかってない。ここに最大の原因がある。


日本のサラリーマンの平均年収は400万円程度です。単純平均で420万円ぐらいで、中央値で375万円ぐらいになります。


週休2日8時間労働で52週間(364日)働くと年間2080時間労働となります。フルタイム労働の正社員で残業なしとは考えにくいですが、年間2000時間労働は重要な基準になります。


年間2000時間労働で年間400万円の給料であれば、時給2000円と言うことになります。あなたに時給1000円で働くコンビニy@マクドナルドの店員さんの2倍の能力はありますか?


問題は一度も考えたことがないということ。


年間2000時間労働で働いた場合の年収を表にしてみます。

20220124111359afc.png


年収400万円をもらうためには、時給1000円のアルバイトさんの2倍の金額お1時間で稼ぐ必要がある。年収800万円をもらうためには、時給1000円のアルバイトさんの4倍の金額を1時間あたりに稼ぐ必要がある。そんな金額が稼げていない。


だから、正社員のサラリーマンは55歳をすぎると役職定年や退職後再雇用などで年収300万円に転落して行く。時給1500円のフルタイム労働です。時給1000円のアルバイトさんの2倍以上に相当する実力がないわけです。


時給制であれば、残業時間も厳しく制限します。時給制のアルバイトのサービス残業や過労死なんてほとんど聞かない。労働時間が1時間単位で厳しく管理されているからです。


基本給を時給制にして、これにボーナスや退職金を追加すれば良いだけの話です。賃金を下げろ!なんて言ってない。月給制を時給に換算する。年収400万円なら時給2000円です。


左派の人は、定期昇給がどうの、ベースアップがどうのと言う。申し訳ないけど、そういう時代は終わった。定期昇給のことを、世の中では年功序列賃金と呼んでいる。勤続年数が長い高年齢な人ほど、実力関係なく、給料が上がる仕組み。年功序列賃金が維持できないのに、年功序列賃金による定期昇給にしがみついている。時代の変化についていけなくても、時代錯誤な労働運動は継続できる。でも、時代の変化に対応できない企業経営では会社は倒産する。賃上げなんて全員の時給(月給を時給に換算したもの)の賃上げを要求すれば良いだけなんです。


まずは、自分の時給がいくらなのかを知る必要がある。年収400万円なら時給2000円です。時給1000円のアルバイトさんの2倍を稼ぐにはどうすれば良いのか。これを考えるのが労働生産性を向上させるスタート地点です。


 応援のクリックをお願いします。