fc2ブログ

高級ブランド品は高嶺の花?



ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




PRESIDENT ONLINEに、ナイキの靴が高嶺の花との記事が出ていた。スポーツライターの酒井 政人 氏が書いた記事です。


ナイキが今秋、最新の厚底シューズを発売した。再生原材料やリサイクル原料を使った“サステナブル”なシューズだ。スポーツライターの酒井政人さんは「地球環境を意識したコンセプトに共鳴する消費者もいますが、3万8500円と高額。ここ20年、年収がほとんど上がらず、韓国よりも低い日本人には手が届きにくいかもしれない」という――。
【出典】「平均年収が韓国より40万も低く、米国の半分の日本」ではナイキの最新厚底は高嶺の花なのか
高額でも買う意識の高い消費者も
2021/12/17 PRESIDENT Online


実は、この記事だけではない。他の高級ブランド品も同様です。


「シャネル」など海外高級ブランドに目がない方なら、ここ10年ほどの間に国内での販売価格が大幅に引き上げられていることをご存じだろう。とくに最近の値上げは大幅で、「今の値段ではもう手が出ない」といった溜息まじりの声も聞かれる
【出典】円安政策のツケ:外資続々「激安日本」大売出しだが日本人は「お呼びでない」
2021/12/17 新潮社 フォーサイト



この記事は磯山 友幸 氏か書いている。経済を専門とするジャーナリストです。原因は円安政策による輸入品の高騰にあるとしている。


はたして、高級ブランド品だけが高騰いているのでしょうか。iPhoneの価格も高騰している。iPhoneは平均月収の6割の価格になっている。


■ 日本のiPhone 13価格はなぜ「平均月収の6割」にもなるのか。金融専門家が示す“弱い円”の現実
唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
2021/9/17 BUSINESS INSIDER JAPAN


輸入された高級ブランド品の価格上昇の原因については、円安説と年収低下説があるようです。では
高級輸入品を多く扱う百貨店の売上を見てみます。



202112180943052f1.png

【出典】2021/05/03 繊研新聞 「市場規模の縮小止まらない百貨店 コロナ禍で構造課題浮き彫り」



202112181010375ae.png【出典】2020.04.07 ファイナンシャルフィールド「外貨建て保険を契約する前に知っておくべき「為替相場の長期的な推移」って?」


過去30年の円ドル相場は、1ドルが100円から110円あたりが中央値で安定しれいる。1ドルが80円の円高の時代もあれば、1ドルが140円の円安の時代もあった。現在の1ドルが113円ぐらいの為替相場が極端な円安水準とは言えない。極端な円安ではないと言うことは、円安が原因で高級ブランド品の価格が上昇しているという説には根拠がない。


百貨店売上は、1990年をピークに長期的に減少している。むしろ、日本の年収が先進国なみから途上国の韓国なみに転落して、日本人が相対的に貧しくなったことに原因がありそうです。


202112181026040ff.jpg

【出典】2021/10/20 朝日新聞デジタル「韓国に抜かれた日本の平均賃金 上がらぬ理由は生産性かそれとも…」

日本の現状を確認してみた。経済協力開発機構(OECD)の2020年の調査(物価水準を考慮した「購買力平価」ベース)によると、1ドル=110円とした場合の日本の平均賃金は424万円。35カ国中22位で、1位の米国(763万円)と339万円も差がある。1990年と比べると、日本が18万円しか増えていない間に、米国は247万円も増えていた。この間、韓国は1・9倍に急上昇。日本は15年に抜かれ、いまは38万円差だ。
【出典】2021/10/20 朝日新聞デジタル「韓国に抜かれた日本の平均賃金 上がらぬ理由は生産性かそれとも…」


日本人の年収が国際的に低下して行き、高級ブランド品を買うために必要な購買力が低下した。もう日本人には先進国なみの購買力はなく、韓国や台湾なみの購買力しかない。年収はアメリカ人の55%しかない。


高級ブランド品が値上がりしたというよりは、高級ブランド品を買うだけの所得がなくなったと言うべきでしょう。もはや否定しようのない日本経済の衰退は、われわれの身近なところにまで押し寄せて来ている。


 応援のクリックをお願いします。