fc2ブログ

選挙で白票を入れたことはありますか?



ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願いします。




参議院選挙の投票日が近くなっています。どこに投票するかは自由です。


私は、白票を入れたことがある。



政治家は白票が一番いやなのだそうです。「わざわざ選挙にまで行って、なんで自分の名前を書いてくれないのか?」を考えるからです。



政治を変えたければ白票を増やすことです。選挙に行かないのはダメです。



選挙に行く人が少ないと投票率が下がり、組織票を持つ政党が有利になります。組織票は、「自民党は財界票であり、立憲民主党や共産党は労働組合票であり、公明党は創価学会票です。



自分は何も発言せず、政治的な圧力団体の発言力が大きくなるのは良くない。



「野党統一候補」と称して、「自民党か、旧民主党の議員か」の選択をさせられても迷惑です。野党に責任があるけれど、こういう選挙区はある。


都道府県の知事選挙で、現職の知事に与野党が相乗り。共産党しか対立候補を出さないなんて選挙もある。



選挙に立候補するには多額の供託金が必要となり、日本では自由に立候補できるわけでもない。既成政党の候補者だけが有利になるような制度です。



こういう密室談合で候補者が決まる政治。政治家やマスコミは「候補者調整」と称して美化している。こういう密室談合の政治にNOという手段の1つが「白票の増加」です。



白票が多いと新しい候補者が必ず出てくる。「白票」というのは意外に大事です。



実際に「白票」を投じるとなると、倫理的な抵抗感がある。私が最初に「白票」を入れた時、投票をして投票所を出た時に考えた。


「やっぱり投票します」と言って引き返すことはできない。なぜなら、すでに投票ずみだからです。確実に、投票はしている。帰り道で、だんだん変な気持ちになった。


「自分が正直者になったような気がしてきた」のです。


よく考えてみたら、自分の本当の気持ちは「投票したい政党も候補者もいない」でした。だから、正直者になったような気がしたのです。


白票も含めて、誰がどこに投票しようとも自由です。批判なんてしません。


ただ、「投票したい候補者や政党がない」という理由で投票所に行かないという行為は良くない。投票に行かなければ、政治は何も変わらない。政治を変えたければ、投票所に行って投票して来ること。これしか手段はありません。


 応援のクリックをお願いします。